地質調査を行って世界を救う~未来の救世主~

企業も考えるべき室外工事のこと
  • 発電が出来る

    地中熱利用を行って発電を進めていくことが出来ます。また、地球の資源を有効的に活用できるので、これらを用いたビジネスも発展しているので、導入を検討していましょう。

    ▶もっと読む

  • しっかりとした土地

    地盤改良を進めていくことによって、丈夫な土地づくりを進めていくことが出来ます。施工会社によって作業の流れや質も変わってくるので、事前にしっかり説明を受けましょう。

    ▶もっと読む

  • 蒸気を利用

    バイオガス発電とは、動物の糞やゴミを燃やした時に発生されるガスを用いて発電するという方法になっています。また、余った燃料を利用して農作の肥料に回せることから、資源を活用することが出来ます。

    ▶もっと読む

安全に建築できるか

設計時点における地盤の調査

現在は住宅品質確保推進法により住宅などの小規模な建物でも支持地盤の地質調査を行って基礎の工法を決定しなければなりません。そもそも、新興住宅地など山林を造成し住宅地にするために斜面を削り切り盛りし造成した居るような土地に住宅を建てる場合、その地質調査を行わなければ地盤自体が動いたり盛土の不動沈下が起こったりして建築物に影響が出ます。 建設地が決まり住宅の設計時点で、地盤の地質調査を実施しどのような地盤化を確認の上、杭が必要なのか、直接基礎でよいのかを決定することになります。 住宅は比較的軽い建築物ですから、何が何でも杭基礎とする必要もありません。杭基礎にすると建設費が高くなってしまいます。確かに杭基礎としたほうが安心で間違いはありませんが、地盤に十分支持力があるのであれば、調査を行い基礎の設計をした方が建設費が安く済みます。

地質調査をするにあたっての調査費用

地質調査の方法としましては、スウェーデン式サウンディング調査、ボーリング調査、表面波探査法などが代表的なものでありますが、住宅の地質調査として良く用いられるのが、スウェーデン式サウンディング調査です。こちらの調査は、比較的簡単な準備で行うことができ、最近は小型のエンジン付き試験機械もあり、ワゴン車に乗る程度の物です。移動が楽で、比較的短時間に調査することができますので価格もそれほどかかるものではありません。地域やその専門業者により多少の差はあると思いますが、10万円前後の費用かと思われます。 通常、設計費用に含まれるか、設計前にハウスメーカーや工務店などが決定していれば工事費の中でその費用が計上されます。

Copyright(c) 2015 地質調査を行って世界を救う~未来の救世主~. All Rights Reserved.